アロマクラフト

「心も体もあたためるバスソルト」を作りましょう。

お風呂にいれると泡の出てくるアロマバスソルトです。

<用意するもの>
クエン酸  6.0g
天然塩 6.0g
重層 16.0g
精油 5滴以下
ビニール袋

<作り方>
1.クエン酸、天然塩、重層をビニール袋に入れて混ぜます。
2.精油を5滴以下を入れて、さらに混ぜます。
3.ボール状(球)に固める。
4.ラベルを作成して貼りましょう。(作品名、製油 滴、作った日)
※使用するときは、湯に入れてよくかき混ぜてください。
※1~2日間おくと、香りがなじみます。

| | コメント (60) | トラックバック (0)

風邪用塗布軟膏をつくろう!

<用意するもの>
みつろう軟膏25g(ワセリンなどの無香料ムリームを使用してもいいですよ)
精油 5滴(カモミール1滴、ティートリー1滴、ユーカリ3滴)

<作り方>
みつろう軟膏(ワセリンなど)に精油を合計5滴入れ、割り箸などで混ぜます。

※咳の苦しい息や咳を楽にしてあげましょう。

※ただし、3歳以上のお子様にしてあげましょう。

※赤ちゃんには、空気を浄化するのもおすすめです。

ローズマリー2滴、ローズウッド2滴、オレンジ2滴をティッシュに垂らしてお部屋に置くだけです。赤ちゃんの手の届かないところにしてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミルキーバスであったまろう!

<用意するもの>
生クリーム
精油 4滴(カモミール2滴、ローズマリー2滴)

<作り方>
生クリームに精油を合計4滴入れ、割り箸などで混ぜます。

※一回分です。お風呂に溶かして使います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキンローション(化粧水)をつくろう!

<用意するもの>
容器 ガラス瓶(遮光瓶がおすすめです)

グリセリン 5ml

精製水 45ml
精油 1滴

(●普通肌 ゼラニウム、ネロリ、ラベンダー、フランキンセンス、ローズオットーなど●敏感肌 ネロリ、ラベンダー、ローズオットーなど●脂性肌 ゼラニウム、ネロリ、ローズマリーなど●乾燥肌 ネロリ、ローズオットー、サンダルウッドなど)

※精油は原液の場合、ポリエチレン容器を劣化させることがあります。
できれば使用する容器はガラス製が理想的です。

<作り方>
グリセリンに精油をいれ、よく混ぜ合わせます。次に精製水を加えて保存用ガラス瓶に移します。
※1から2週間で使い切りましょう。
※使用するときには、よく振ってから使用しましょう。

<注意>

※使用する際に、腕の内側などでパッチテストをしてください。かゆみや炎症など異常を感じたら使用を中止し、自分で薬などで処置せず、必要があれば医師の診察を受けてください。

※自分で作ったものに責任を持ちましょう。必ず作製日を記入して、自己管理しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アロマシャンプー&リンスを作りましょう。

<用意するもの>
ポリ容器 20ml
無香料シャンプーまたはリンス 16ml
キャリアオイル 4ml
精油 2滴以下

<作り方>
無香料シャンプーまたはリンスとキャリアオイルをポリ容器に入れる。
ふたをしてよくかき混ぜて乳化させる。
そこに精油を加えて混ぜる。
ラベルを作成して貼る。(品名、精油 滴、作った日)
※使用前はよく振ってからお使いください。
※1ヶ月以内にご使用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然派なお掃除に

お掃除に便利なクレンザーを作りましょう。

<用意するもの>
重曹 100g
精油 5滴
(オレンジ、レモン、ティートリーのいずれか一種)

<作り方>
密閉できる容器に重曹を入れる。
精油をその中に加える。
よく混ぜ合わせる。
ラベルを作成して貼る。(品名、精油 滴、作った日)
※スポンジなど使用する。

■ これ一本でO.K.
お掃除するにも用途別の洗剤があります。
家の中に多種多様の洗剤がごろごろしていますよね。
タイルやステンレスなどを掃除するクレンザー的な洗剤は
アロマのクレンザーで大丈夫ですよ。
シンク、洗面所、お風呂、洗濯機などにお使いいただけますよ。

■ 水も汚さず地球にやさしい
合成界面活性剤なども使いませんから
水も汚さずに少し地球にやさしいですね。

よい香りで掃除ができると、はかどってピカピカになりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ままとーん」さんでのアロマクラフト講座のカタログで

「ままとーん」さんでのアロマクラフト講座のカタログで訂正があります。

5月25日のアロマクラフト講座のカタログで

→ 訂正になるところです。

「アロマバスソルトを作りましょう。

<用意するもの>
クエン酸 60g → 6.0g に訂正
天然塩 60g → 6.0g に訂正
重層 60g → 16.0g に訂正
精油 5滴以下
ビニール袋

<作り方>
1.クエン酸、天然塩、重層をビニール袋に入れて混ぜます。
2.精油を5滴以下を入れて、さらに混ぜます。
3.ボール状(球)に固める。
4.ラベルを作成して貼りましょう。(作品名、製油 滴、作った日)
※使用するときは、湯に入れてよくかき混ぜてください。
※1~2日間おくと、香りがなじみます。」

申し訳ありませんでした。テキストを見て作られる方は、ご注意ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子どものせきを緩和するためのオイルをつくりました

先日、子どもの咳が二日くらい続き、風邪か花粉症かな?
と思い、まず、咳を緩和するオイルを作ることにしました。

もうすぐ4歳になるので、子どものアロマテラピーをしてみようと思ったのです。
今までは、芳香浴だけでした。

今回は、
<胸のマッサージオイル>
グレープシードオイル 50ml
サンダルウッド 3滴
ラベンダー 2滴
マージョラム 2滴

※オイルは、アロマテラピーに使われる高品質の精製されていない植物オイルは、日光のあたる場所では、6〜9ヶ月しか持ちません。日のあたらない、冷暗所に保存しましょう。使用期限も調べましょう。オイルは、空気に触れると酸化しやすくなるので、小さなボトルに小分けするといいでしょう。空気に触れる回数がへるので、劣化をおくらせることができますよ。

※せきにおすすめの精油
サンダルウッド、シダーウッド、タイム、マージョラム、ユーカリ、ラベンダー、ローズマリー
※喘息におすすめの精油
タイム、フランキンセンス、マージョラム、マンダリン、ユーカリ、ラベンダー、ローズオット
※花粉におすすめの精油
ユーカリ、ローズウッド
※気管支炎におすすめの精油
サイプレス、サンダルウッド、シダーウッド、タイム、ティートリー、フランキンセンス、
マージョラム、ユーカリ、ラベンダー、ローズウッド、ローズマリー

※3歳以下のお子様には、芳香浴のみをおすすめします。

こちらを胸と背中に塗って寝ました。
お風呂には、実家でもらっていた「ゆず」を入れてゆず湯にしました。
次の日には、咳がおさまってきていたので、安心しました。
花粉症でなく、風邪だったのかなーと思いました。
あんまり小さい頃から、花粉症だとかわいそうですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

精油によく似た商品に注意してね

精油に似た外見の合成オイルとは混同しないように注意しましょう。
ポプリオイルは、精油や合成香料をアルコールや溶剤で希釈したものが中心ですので、アロマテラピーには適しません。見分け方としては、ラベル表示を確認することです。
アロマテラピーショップ、ハーブショップ、デパートのアロマテラピーコーナー等で購入できます。はじめて精油を購入される場合は、専門のスタッフがいるお店での購入をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去のアロマクラフト講座

アロマクラフト講座 in ままとーんに参加くださった方々ありがとうございました。
みなさんがアロマに興味があり、生活に役立てたいと思ってくださっていて
とてもやりがいのある講座なのかなぁとあらためて思いました。
「ルームスプレー」は、以前に花粉症対策と風邪対策として講座で作りました。
皆さんのご興味のありそうなものを過去のクラフト講座での
レシピを紹介させていただこうと思います。
今回は去年の12月にさせていただいた風邪対策ルームスプレーです。
ぜひ、お家で活用してみてくださいね。

<風邪対策ルームスプレー>

スプレー容器  50ml
無水エタノール 5ml
精製水     45ml
精油      8滴

スプレー容器にエタノールを注ぎ、次に精油を合計8滴入れてよく混ぜます。
さらに精製水を入れて、よく振って混ぜます。
注)2〜3週間で使い切りましょう。

風邪予防におすすめの精油(エッセンシャルオイル)
*風邪対策予防・改善
ティートリー、ユーカリ、ラベンダー、ジンジャー、クラリセージ、サンダルウッド、
ベルガモット、マジョラム、ラベンサラ、ローズマリー、
*鼻水・鼻づまり
ペパーミント、ユーカリ、ラベンサラ、ラベンダー
*喉
ユーカリ、ラベンサラ、サンダルウッド、フランキンセンス、ジュニパー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

アロマクラフト